無保険での交通事故で通院費、医療費、慰謝料はどうなるのか

車を運転する殆どのドライバーは保険に加入しています。
加入するのが当たり前のようになっているのも理由ですが、恐ろしい無保険での事故のリスクについても理解しているからです。
もしも、無保険で交通事故を起こしてしまった場合のリスクですが、これは状況によって内容は違ってきます。
特に大きな分かれ目となるのは、単独事故なのか、それとも相手がいる事故なのかです。
単独事故の場合、相手方の自賠責保険もありませんので、任意保険で対応することになります。
任意保険には自損事故保険が付随されていることが多いため、自賠責保険よりも給付金は少ないものの、一定の補償を受けることが可能です。
通院費や医療費の負担も自ずと大きくなりますが、健康保険によってある程度はカバーできるでしょう。
もし、任意保険に未加入ならば、保険による補償はなく、健康保険と自費で対応するしかありません。
しかし無保険の場合に本当に恐ろしいのは、相手がいる事故の場合です。
特に加害者の立場になった時には大変な状況になる可能性があります。
もし事故を起こしてしまった場合、自賠責保険によってある程度は相手の損害についてカバーすることができます。
自賠責保険は相手を救済するための保険ですから、損害賠償が必要になった場合も限度額内で救済してもらうことが可能です。
ただ、問題なのが限度額が決まっていることです。
事故の内容次第では到底限度額では収まり切らないことがありますが、その場合に任意保険に加入していない場合ですと、
相手の入院費や医療費、慰謝料などを自費で支払うことになります。
重度の後遺障害でも負わせてしまった時には億単位にものぼる損害賠償をしなければいけませんが、
一般の勤め人では支払い切ることは不可能な金額です。
無保険というのはそういったリスクがある状況であり、それゆえに殆どのドライバーは任意保険に加入しています。
なお、悪質なドライバーですと、自賠責保険にも未加入というケースがありますが、これは論外と言えるでしょう。
自賠責保険による補償すらなくなりますので、さらに状況が悪化することはもちろんのこと、加入が義務の自賠責保険に入っていないのは違法行為です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です